【夏ばて防止レシピ】ビタミン豊富な石垣島のトロピカルフルーツのスムージー

投稿日:

沖縄の市場で目につくのが、色とりどりの「トロピカルフルーツ」5月ごろから種類が増え、値段もぐぐっとお手頃価格になります。

夏のフルーツは身体をクールダウンしてくれるので、夏バテしているときこそ積極的に取り入れるといいですよ!

今回は、簡単に南国気分になれる、石垣島果実を使ったトロピカルスムージーのレシピをご紹介します。

トロピカルスムージーのレシピ

果物の食べごろを見極める!

「トロピカルスムージー」に使うフルーツは、こちらの3種類!
・ パイナップル
・ パッションフルーツ
・ ライチ

パイナップル ・ パッションフルーツ

今回使用したパイナップルは、「サマーゴールド」という小ぶりで甘みの強い品種です。
旬のフルーツは、ほんの1週間ずれるだけでも変わってきます。

そのときにスーパーで安いものに置き換えてもOK。

普通に食べるときはもちろん、スムージーにするときも、果実が一番美味しくなる“食べごろ”を見極めることが重要なポイントです。

パイナップルのたべごろ

パイナップルは、一度実を切り落としたら、ほとんど追熟しない果物です。
なので、スーパーや市場で陳列されているときに見分けましょう。

ポイントは、下膨れしていて、黄色っぽくなっていることです。
さらに大切なのは、顔を近づけると甘い香りがすること。

トロピカルフルーツは香りの強いものが多いので、ほとんどがこの方法で見分けられるかもしれません。

パッションフルーツの食べごろ

表面にしわが出てきたら、ちょうどいい頃合いです。つるつるの状態で購入したら、室温で追熟させましょう。

ライチの食べごろ

実に赤みがあり、手で簡単にむける硬さになっていればOKです。
沖縄では、枝がついたままのライチを市場で見かけることもありますよ!

スムージー作り方

スムージーなので、作り方はとっても簡単です。

それぞれのフルーツをカットして、ミキサーにかけるだけ。

スムージー作り方

パイナップルは、輪切りにしてから包丁を入れて剥きます。

芯は硬いので、カットしながら取り除きましょう。

パッションフルーツ

パッションフルーツは、半分に切って、スプーンでかき出します。

タネもプチプチしていて美味しいので、一緒にミキサーにかけましょう。

トッピング用に、スプーン一杯分だけ残しておきます。

ライチは、手で皮を向いて、種を取り除きます。

ひんやりさせるために、氷と水を適量加えて、ミキサーに掛けます。
カットしたフルーツを凍らせておけば、氷はなくても大丈夫です。

水の量は、サラサラがいいか、とろとろがいいか……お好みでどうぞ。

パイナップルを一片カットしたフルーツ

ミキサーにかけてなめらかになったら、トッピングをして出来上がり!

パイナップルを一片コップのフチにさして、パッションフルーツをたらせば、カフェで出てくるような本格的な見た目になりますよ。

パイナップルが完熟

パイナップルが完熟していれば酸味が弱く、ライチの甘さが加わって、さわやかで飲みやすい仕上がりです。
もし酸味が強く感じられる場合は、ガムシロップで調整しましょう。

とっても簡単なトロピカルスムージー!
市場で気になる果物をみつけたら、ぜひアレンジしてつくってみてください!

果物はあまり長持ちしませんがカットフルーツを冷凍しておけば、いつでも作ることができますよ。ぜひ、お試しください。

-
-, , , , , ,

Copyright© キジムナーの台所 , 2018 AllRights Reserved.